沖縄のアクティビティ

沖縄旅行でのシュノーケリングの楽しみ方は?

沖縄旅行では、海に潜ってシュノーケリングすることが定番の過ごし方と言っても過言ではありません。それだけ多くの魚が泳いでいて、海水温も高めなので良い環境です。やはり、シュノーケリングを存分に楽しめる…

Read more

沖縄旅行でどんなカヌー体験ができるの?

沖縄には様々なアクティビティがありますが、気持ちの良い潮風を受けながら、透明度の高い海をのんびりと進むシーカヤックが人気です。カヌーに乗りながら海に視線を落とすと、美しいサンゴや色とりどりの可愛ら…

Read more

沖縄旅行で楽しめるパラセーリングは誰でもできる?

パラシュートを背にモーターボートにひかれて空を散歩するパラセーリングは沖縄で人気のアクティビティで、上空50メートル程の高さから沖縄の大自然のパノラマを見渡すことができます。空から見る沖縄の美しい…

Read more

沖縄ツアーに参加するメリット

沖縄ツアーは事前にスケジュールが決められ気軽に参加でき、一人で行くよりもかかる費用を減らせ手間を省けることがメリットです。

沖縄の伝統に触れる

日本各地に伝統工芸などが残されていますが、沖縄にも独特の伝統技術などが残されています。単に伝統技術として残されているだけでなく、沖縄旅行に訪れた人たちが体験できるようなところもあるので物作りなどができます。

沖縄旅行でシーサーを作れるところを探そう!

Read more

沖縄旅行に行くなら紅型作りに挑戦しよう!

Read more

沖縄旅行でぜひ着たい琉装ってどんな服なの?

沖縄に伝わる、琉装の特徴とは?

琉装(りゅうそう)とは、琉球王朝時代から伝わる沖縄の伝統衣装です。一年を通して温暖な気候の沖縄で快適に過ごすため、涼しさを追求し、考案されました。少しでも風通しが良くなるように、一般的な着物と比べて、袖口が広いことが最大の特徴です。他にも、脇の部分に三角のマチ(ワチスビ)があったり、襟の丈が長かったりと様々な工夫がされています。また、琉装には着付けにも特徴があります。普段着としても身に付けられるように、腰のあたりを締め付けない「ウシンチー」というデザインのものが多いです。こちらも、暑い沖縄で快適に過ごすための知恵と言えます。色や柄・素材も明るく華やかなため、観光地で民族衣装の着付け体験時の定番衣装です。

身分や性別により分けられていた?

琉球王朝時代には、性別や身分により、着られる琉装が決められていて、身分は大きく分けて「王族」・「一般土族」・「庶民」に分けられていました。男性王族と男性一般土族は色で階級を表していて、黄色・紫・桔梗・水色・藍色の順になっています。色以外にも、帯や冠でも身分を表していました。女性王族の場合は、紅型(びんがた)衣装です。紅型は、伝統的な技法で染められていて、男性と同じく黄色が最も上で、水色・薄紅色と順になっています。色だけでなく、柄も身分により規制があり、ひと目で階級が分かるように分けられていました。女性一般土族は、絣(かすり)や上布の衣装を身に付けていて、庶民は男女ともに風通しの良い芭蕉布の衣装でした。